スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帝王切開について・・・
 ちびまめとの生活が始まって、もうすぐ1ヶ月になります

あっという間に日々が過ぎていきますね~。


 ちびまめは、お腹がすくと火がついたように泣きわめき、

母乳とミルクをごくごく飲むと、スコーンっと寝てくれます。

今もミルクを飲み終わり、すやすやと寝ています
ちび



 さて、私が帝王切開になると決まってから

私もインターネットで少し調べてみたところ、

帝王切開の経験の話や手術の傷の写真が公開されていたりでした。


 私の経験もみなさんと同じような感じですが、

覚書程度に書きたいと思います。


入院は手術の1日前。昼前に入院し、お昼からおへそから下を剃毛されました。

そんなとこまで?というくらい、全部剃られます

夜9時以降は飲食は一切できませんでした


で、手術当日。朝から健康状態をチェックされ、浣腸され、昼過ぎにいよいよ手術。

母とくろまめさんが来てくれましたが、すぐ手術室に入りました。

 後ろの腰の辺りに麻酔をされました。びくっとして少し痛いですが、耐えられないほどではなかったです。

下半身の感覚がなくなると、お医者さんたちが来て「始めます。」の声で始まったようです。

(自分からは目の上の位置まで布で覆われるので見えません)

痛くはないですが、切られる感覚や内臓を引っ張られる感覚を感じていると、

「赤ちゃん出すのにお腹押されるよ。」と言われ、お腹に圧を感じた後、

産声が聞こえました。これはさすがに感動しました


でも、ちらっと顔を見るとすぐに赤ちゃんは別室に連れて行かれたので、

感動もつかの間、今度はお腹を閉じ始められます。

ほとんどはここから寝てしまい、気づいたらベッド。。らしのですが、

私は寝ることもできず、ずっと意識がありました。

これが私にとっては長く、これまた肉を引っ張られたりする感覚を味わうので、

だんだんと酸欠状態に・・・


 最後、ホッチキスのようなものでバチンバチンととめられ、やっと終了したときには、

酸素マスクが苦しくてはずしてもらいました。


術後、部屋へ運ばれましたが、腰が痛くて痛くて(麻酔の所?)何かをつかんでは離し、

つかんでは離し、半日強もだえておりました


術後の出血が多く、両手に点滴をされていたので、

汗を拭くのも水を飲むのも、付き添ってくれたくろまめさんを1時間ごとに起こして

してもらいました。

手術の次の日からは、傷の痛みと後陣痛でこれも痛かったです


 3日目くらいになると少ししゃべれるようになります。

ただ、ガスが出ていないので飲むはOKですが、ずっと何も食べられません。

 ガスを出すために夜中傷が痛かったのですが、寝返りを繰り返しました。

で、4日目の夜中に出たので、アイスクリーム→おかゆ・・と食べられるようになりました。

尿管を抜き、自分でトイレに行きますが、これがまた痛いんです

内臓の重みが全部痛いところにのっかるんです。

でもシャワーを浴びられるようになったので、これは本当に嬉しかった。


 ・・・長くなりそうなので、続きはまた今度にしますね


スポンサーサイト
プロフィール

あずきまめ

Author:あずきまめ
 旦那さま(ブログネーム:くろまめさん)と6月に産まれた息子のちびまめとの3人暮らし。チワワのこまめはしばらく実家に。

ただいま初めての育児奮闘中。

コメントいただけるとうれしいです♪

最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ユーザータグ

ごはん ストウブ レシピ チワワ スイーツ 雑貨 ヘルシー マジックブレット ダイエット 子育て 

FC2カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
☆★。・。お薦め。・。★☆
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
90177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
2206位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。